ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

「Royal Scam」後期スティーリー・ダンの圧倒的な傑作。

後期スティーリー・ダンの第一弾。脅威のリズム隊と神がかり的なギターが彼らの世界観を完璧に表現している傑作

このアルバムの特徴としてよく語られる事がバーナード・パーディとチャック・レイニーのリズム隊が凄すぎるという事とラリー・カールトンのギターが神がかり的にすごいという事です。

このアルバムからグループからユニットに変わっていったみたいです。

このアルバムから準レギュラー的な扱いだったジェフ・ポーカロ、マイケル・マクドナルドが抜けて、ドナルド・フェイゲン、ウォルター・ベッカーとその他大勢のミュージシャンという構成でアルバム制作されていきます。といってもラリー・カールトンなんかは準レギュラー的な扱いで良いとは思いますが・・。

グルーブ・マスター達が究極のグルーブを醸し出しています。

このアルバムからバーナード・パーディが参加していてその演奏があまりに素晴らしいです。その素晴らしい演奏にチャック・レイニーのこれまた凄い演奏が絡んでもの凄いグルーブを生んでいます。90年代以降、スティーリー・ダンとしてのライブ活動を再開していますが、はっきり言ってノリが全然違います。バーナード・パーディみたいに叩けというのはちょっと酷な話だと思いますがもうちょっとなんとかならなかったのかなーと思います。バーナード・パーディの他にリック・マロッタも数曲参加しています。そちらも素晴らしい演奏をしています。

このアルバムでもラリー・カールトンは100点の演奏をしています。

このアルバムの一曲目「Kid Charlemagne(幻想の摩天楼)」のラリー・カールトンの演奏は申し訳ないけど100点をつけさせてもらいます。70年代のセッション活動で100点満点の演奏を連発していますが、この曲の演奏もまさにそうです。クルセイダーズの「Spiral」にも負けない演奏です。他に「Don’t Take Me Alive」「Green Earrings」「Everything You Did」でも100点の演奏が堪能できます。

エリオット・ランドール、デニー・ダイアス、ディーン・パークス等、他のギタリストも負けていません。

ラリー・カールトン以外にもエリオット・ランドール、デニー・ダイアス、ディーン・パークスがギタリストとして参加しています。なんとウォルター・ベッカーも「The Fez」でソロを弾いています。良く聴くと微妙な感じもするのですがこれもまた彼の持ち味であり曲に一番合っているかもしれません。

究極のバンド・グループと独特の美学とこだわりが絶妙にマッチしています。

生演奏でなければ出せない究極のグルーブと毒気満載の彼らの世界観が見事に融合した傑作アルバムだと思います。

スティーリー・ダン「Royal Scam」曲目紹介

1. Kid Charlemagne
2. The Caves Of Altamira
3. Don’t Take Me Alive
4. Sign In Stranger
5. The Fez
6. Green Earrings
7. Haitian Divorce
8. Everything You Did
9. The Royal Scam

スティーリー・ダン「Royal Scam」試聴できます。

なんと「Royal Scam」再現ライブが実現していたらしいー

なんと「Royal Scam」再現ライブが2009年に実現していたらしいです。ラリー・カールトンががっつりギターで入っています。正直全体のアンサンブルからかなり浮いているような気がしますが貴重な音源である事にはかわりはないでしょう。

なんと最近CDになってリリースされました。早くも高額取引されているっぽいです。

スティーリー・ダン「Chicago 2009/Radio Broadcast」「RoyalScan」再現ライブです。

PAGE TOP