ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

フリートウッドマック「噂」


全米NO.1に31週間輝いたモンスターアルバム。名盤です。

70年代のロック史を語る時に忘れてはならないバンドです。ベタなブルースバンドからスタートしてメンバーチェンジを繰り返して、全く違うバンドに生まれ変わって一挙にメジャーになるという70年代にありがちな道を辿ってしまったちょっとかわいそうな感もあるバンドです。

全世界で3000万枚も売れているんですね。すごいですね。現在ではちょっと考えられないですね。あまりにも売れすぎて次のアルバムの制作は非常に苦労したみたいですね。イーグルスなんかと同じですよね。あまりにも売れたアルバムを作ってしまうと後が非常に大変みたいですね。アルバムの内容に関しては全く文句のつけようがない素晴らしい内容になっています。このバンド、ヴォーカルをとれるメンバーが3人います。、クリスティン・マクヴィー(Vo,Key)にスティーヴィー・ニックス(Vo)、 リンジー・バッキンガム(G,Vo)この微妙にキャラが違う感じがアルバム全体として良いメリハリになっていますね。
バンドの中で複数人ボーカルをとれるメンバーがいるというのも70年代のウェストコースト系のバンドの共通点のような気がします。イーグルスやドゥービー・ブラザーズ等がそうですよね。(メンバーの編成は違いますが・・・)
楽曲のクォリティの高さは言うまでもありませんが、ヴォーカルのキャラを生かす為に考え抜かれた音作りがされていますよね。

1. セカンド・ハンド・ニュース

2. ドリームス

3. もう帰らない

4. ドント・ストップ

5. オウン・ウェイ

6. ソングバード

7. ザ・チェイン

8. ユー・メイク・ラヴィング・ファン

9. アイ・ドント・ウォント・トゥ・ノウ

10. オー・ダディ

11. ゴールド・ダスト・ウーマン

フリートウッドマック噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション)の詳細をアマゾンで確認する。

Translate »