ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

山下達郎「GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA」

RCA時代+アルファのベスト盤、リマスターもされていて超お買い得です。

アナログ盤がリリースされた時期(高校生くらいだったと思うのですが)速攻でレコード店に買いに走りました。今改めて聴きなおすと青春の暗い思い出が甦ります。

山下達郎「GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA」収録曲

  1. LOVELAND, ISLAND
  2. 愛を描いて -LET’S KISS THE SUN-
  3. あまく危険な香り
  4. RIDE ON TIME (SINGLE VERSION)
  5. 夏への扉
  6. FUNKY FLUSHIN’
  7. WINDY LADY
  8. BOMBER
  9. SOLID SLIDER
  10. LET’S DANCE BABY
  11. 潮騒
  12. YOUR EYES
  13. LOVE SPACE
  14. SPARKLE
  15. 9 MINUTES OF TATSURO YAMASITA

82年に発売された当時は収録曲は「YOUR EYES」までだったのですがその後山下達郎自らリマスタリングをして収録曲が追加されて現在に至るみたいです。

「ボンバー」が思い出深いですね。血気盛んな高校生の頃を思い出します。

捨て曲なしのベスト盤である事は言うまでもないのですが一番思い出があるのはやはり「ボンバー」ですね。バンドで絶対コピーしたいと思ったものですがこんなリズム刻めるベースもドラムもいなくて涙を呑んだものです。という私も高校生当時こんな感じでギターが弾けたかどうかは定かではありません。(多分弾けてなかったと思いますが・・)

「WINDY LADY」「SOLID SLIDER」あたりもバンド少年的には聴き逃がせません。

バンド編成が比較的タイトな「WINDY LADY」「SOLID SLIDER」も侮れません。「WINDY LADY」はシュガー・ベイブ時代からライブでは演奏されていて個人的にはその時のアレンジが好きです。この2曲は山下達郎のライブアルバム「IT’S A POPPIN’ TIME」にも収録されていますが必聴です。結構音の隙間を意識した演奏が格好良いですね。そのあたり坂本龍一がキーボードで入っているからでしょうか。

「9 MINUTES OF TATSURO YAMASITA」がまた思い出深いです。

山下達郎の曲ってやっぱり

・曲良し
・歌良し
・演奏良し

なので現実的に考えたら絶対無理なんだけど「演ってみたい」「歌ってみたい」という欲望を駆り立てます。このRCA時代って基本はバンドサウンドなのでどうしてもバックの演奏に注意を向けてしまいます。歌も聴いているのですがあまりに達郎が歌が上手いので自分では「歌えねー」って思ってしまってどうしても演奏を注意して聴くようになっていました。「9 MINUTES OF TATSURO YAMASITA」って当時達郎がDJをしていたNHKFMの「サウンド・ストリート」という番組でオンエアーされていてそれをエア・チェックしていてテープが切れる位聴いていました。懐かしいですねー。達郎の曲のエキスが9分間にぎっしり詰まってますよね。正に入門編でしょう。

GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITAとあわせて聴きたい作品

山下達郎「FOR YOU (フォー・ユー)

達郎サウンドが一挙に爆発した作品。この作品からムーンレコードに移籍しています。「Sparkle」等名曲が目白押しです。

山下達郎「RIDE ON TIME」

「RIDE ON TIME」が大ヒット。一挙に知名度があがりました。

山下達郎「CIRCUS TOWN」

記念すべきソロ一作目。NY録音です。ここから本格的に山下達郎のソロのキャリアがスタートします。演奏、楽曲、クォリティ高いです。

山下達郎「IT’S A POPPIN’ TIME」

名盤中の名盤。一流のミュージシャンと紡ぎ出す六本木ピットイン独特の空気感を堪能してください。

PAGE TOP