ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

クィーン「オペラ座の夜」

様式美の極地、ここまでやれば傑作になるというお手本のような作品

最近はドラマの影響で日本でも非常に売れているみたいですね。筆者が クイーンのアルバムろいえばまずはこの一枚を薦めます。

なんといってもこのオーバープロデュースぶりはすごいです。 彼らの音楽性、忘れてはいけないレコーディング技術が頂点を極めた 作品と言えるでしょう。最近はこんな「こだわり」を持ったバンド少なく なったかもしれません。ある意味70年代を象徴する作品かもしれません。

1.デス・オン・トゥー・レッグス
2.うつろな日曜日
3.アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー
4.マイ・ベスト・フレンド
5.’39
6.スウィート・レディ
7.シーサイド・ランデヴー
8.預言者の唄
9.ラヴ・オブ・マイ・ライフ
10.グッド・カンパニー
11.ボヘミアン・ラプソディー
12.ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン

Translate »