ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

ザ・キンクス「One For The Road」



ブリティッシュ・ロックの重鎮の傑作ライブ・アルバムです。

キンクスってそんなに好きで聴いてきたバンドではありません。このライブ・アルバムは確か1980~1981年位に発表されていたはずです。(記憶が定かではないのですが・・)当時愛読していた「ミュージック・ライフ」で大絶賛されていて即購入した記憶があります。

キンクスってどんなバンド?

ローリング・ストーンズ、フー、ヤードバーズ等と同じ世代のバンドです。60年代に本国イギリスで成功してその勢いでアメリカでも成功したバンドを表す「ブリティッシュ・インベイション」の一角を担うバンドだったみたいです。
このアルバムとにかく彼らのヒット曲のオンパレードでビギナー向けでもあるみたいです。

このアルバム発表当時の状況ってどんな感じ?

このアルバムを発表した当時、ヴァン・ヘイレンが「You Really Got Me」をカバーして大ヒットさせたお陰で彼らのお存在がクローズ・アップされていました。あとポール・ウェラー(当時はまだザ・ジャムで活動していました)やプリテンダーズ等、彼らの曲をカバーして話題になっていました。バンドに「追い風」が来ている時期でその勢いがこのライブ・アルバムにうまく出ているような気がします。ライブ映像を観るとレイ・デイビスがミック・ジャガーばりのくねくねした動きが「あー、イギリスのバンドだなー」感じてしまいます。何故か・・・イギリス人っぽいですよねー・

映像版「one for the road」です。

全曲視聴できるはず。(すいません。全部観ていないので確認できていません)

曲目紹介

Opening
Hard Way, The
Catch Me Now I’m Falling
Where Have All the Good Times Gone
Introduction to Lola.
Lola
Pressure
All Day and All of the Night
20th Century Man
Misfits
Prince of the Punks
Stop Your Sobbing
Low Budget
Attitude
(Wish I Could Fly Like) Superman
National Health
Till the End of the Day
Celluloid Heroes
You Really Got Me
Victoria
David Watts

PAGE TOP