ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

ジェフ・ベック「ワイアード」

全編緊張感の嵐。ジェフ・ベック渾身の演奏、当然ギタリスト必聴

1976年に発売された作品です。前作の「ブロウ・バイ・ブロウ」の成功を受けてレコーディングがスタートしました。「ブロウ・バイ・ブロウ」はバックのメンバーは固定でバンドっぽい纏まりを出していたように思えますが今回はマックス・ミドルトン、リチャード・ベイリーの前回参加したメンバーの他にナラダ・マイケル・ウォルデン、アルフォン・ジョンソン等です。プロデュースはジョージ・マーティンです。前作のアプローチを引き継ぎつつ全く違う空気感を作る事に成功しています。恐るべし。さすが名プロデューサーと言われるだけあります。そしてヤン・ハマー。言うまでもなくシンセ怪獣です。ギター侍ジェフ・ベックとシンセ怪獣の果てしない戦いがこのアルバム全編で繰り広げられています。

「Led Boots/レッド・ブーツ」破壊力抜群のバトル曲

「ワイアード」といえばこの曲が一番好きなファンが数多くいると思います。ちなみに私もその一人でした。超エグいナラダ・マイケル・ウォルデンのドラムのイントロからギター侍とシンセ怪獣のバトルが繰り広げられています。この手の曲って当然の如くライブのほうが盛り上がるのですがこの曲に限って不思議とそうでもないですね。

「Goodbye Pork Pie Hat」ジャズの名曲をジェフ・ベック風解釈で

チャーリー・ミンガスの超有名曲。ジェフ・ベック風解釈にしびれます。ギターを使った究極の感情表現でリスナーをノック・アウトします。この曲演っている事で「ジェフ・ベック結構ジャズ寄りになった」みたいな空気あったと思うのですがビートルズの「アデイイン・ザ・ライフ」なんかも結構演奏しているので、たまたま気に入って収録しただけなのでしょうか。

「Blue Wind/ブルー・ウィンド」これまたジェフ・ベックとヤン・ハマーのバトルが繰り広げられています。

ジェフ・ベックとヤン・ハマーのみでレコーディングされています。バトル曲としてこの曲もよく演奏されてますよね。対戦相手はヤン・ハマー(シンセ怪獣)が一番盛り上がるっぽいですよね。

「Sophie/ソフィー」究極のバトル曲

この曲ライブ音源を聴いてみたかったのですが、聴く機会が最近までありませんでした。ここ数年の「海賊盤を正式にリリースしてあげる」ブームで1976~1977年のヤン・ハマーグループとのツアーの音源がリリースされ、Youtubeにもいくらかアップされているものでこの曲演奏している音源もあります。聴いてみたのですが正直そんなに演奏の出来が良くありません。本家でもライブでは上手く演奏できないみたいです。

「Come Dancing」「Head For Backstage Pass」「Play With Me」結構グルーブ重視な曲があります。

アルバム全体の空気感は全く対照的ですが前作「ブロウ・バイ・ブロウ」のテイストを引き継ぎ発展させているアプローチもしています。「Come Dancing」「Head For Backstage Pass」「Play With Me」3曲は90年代のUK発のジャズファンク、アシッド・ジャズ系のニュアンスが結構あります。特に「Come Dancing/カム・ダンシング」はこのアルバムの中では曲調として異質だが逆にこの曲が入っている事がこのアルバムの幅を広げていると思います。

ジェフベック「Brisbane 1977

昨年発売されたヤン・ハマーグループとのライブ音源です。

ジェフ・ベック「ワイアード」収録曲

1.Led Boots
2.Come Dancing
3.Goodbye Pork Pie Hat
4.Head For Backstage Pass
5.Blue Wind
6.Sophie
7.Play With Me
8.Love is Green

「ワイアード」試聴できます。

PAGE TOP