ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

ジョニー・ウィンター「Live Bootleg Series 1 」

ジョニー・ウィンター絶頂期のライブ音源。ファンは必聴です。

ジョニー・ウィンターのファンは当然必聴。ファンじゃない人も必聴。ギタリスト(自称含む)も必聴。ジョニー・ウィンターの70年代後半から80年代にかけてトリオ編成で活動していた時期のライブです。

ジョニー・ウィンター絶頂期の演奏が堪能できます。

この時期のジョニー・ウィンターははっきり言って無敵な感じです。ギターは当然「Firebird」、左手の親指にはしっかりサムピックがついてます。当然ファイザーも使用してます。素敵すぎます。超カッコ良いです。最近この時期の音源、映像の公式なリリースが続いてますねー。オールマン・ブラザーズ・バンドもそうですが海賊盤対策なんでしょうかねー。選曲は殆どが定番ナンバーばかりです。「Rock & Roll Hoochie Koo」が入っていないのが残念です。「Stranger」以外がゴリ押し、イケイケの曲が殆どですが、飽きずに聴けます。ファンはこの「Live Bootleg Series」は必聴でしょうね。私も順番に聴いていこうと思っています。この時期のジョニー・ウィンターの持つエネルギッシュな感じって最近の若いブルース系のギタリストには感じないんですよねー。というかキャラクターなんでしょうか。「キャラが立っている」ギタリストって最近いないような気がします。

Live Bootleg Series 1収録曲紹介

1. Introduction
2. Johnny B. Goode
3. Messin’ With the Kid
4. Help Me
5. Hideaway
6. Come On In My Kitchen
7. Rollin’ And Tumblin’
8. Stranger
9. Jumpin’ Jack Flash
10. Bony Moronie
11. Closing
12. It’s All Over Now

ジョニー・ウィンター「Live Bootleg Series 1 」とあわせて聴きたいアルバム

怒涛の如く音源が発売されていますが演奏の出来にかなりばらつきがあるのでアマゾンのレビュー等でのチェックは必須だと思います。

ジョニー・ウィンター「Live Bootleg Series2 」

ジョニー・ウィンター「Live Bootleg Series3 」


ジョニー・ウィンター「Live Bootleg Series4 」

ジョニー・ウィンター「Live Bootleg Series5 」

ジョニー・ウィンター「Live Bootleg Series6 」

ジョニー・ウィンター「Live Bootleg Series7 」

YouTubeでジョニー・ウィンターのライブ映像ピックアップしてみた。

Johnny Winter – Live @ Massey Hall, Toronto 1983! (complete show)

この映像、昔VHSで発売されてました。大学生の頃、テープが擦り切れるくらい観てました。「ジャンピングジャックフラッシュ」はジョニー・ウィンターの演奏のほうがずっとカッコ良いと思い、ジョニー・ウィンターっぽいアレンジで大学生の頃演奏していたんですがどう転んでもジョニー・ウィンターのようにはギター弾けませんでした。

Johnny Winter – Dr John – In Session complete

なんとドクター・ジョンとの共演です。ブルース系のスタンダートばかりだと思いきや、ドクター・ジョンの曲も演奏しています。ジョニー・ウィンターがいゆものあの感じとは違うアプローチで演奏していて興味深いです。実はこの二人の共演ですが別バージョンで映像と音源が発売されているみたいですね。

PAGE TOP