ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

クロスロードギターフェスティバル 2019(2020/11/20発売予定)

間違えなく世界中のギタリストが注目しているギタリストの祭典、6年ぶりの開催。

6年ぶりに開催されたクロスロード・ギターフェスティバル2019ですが待望の音源および映像の発売が迫ってきました。(CDが2020/11/20発売、DVDが2020/11/25発売)個人的には超楽しみです。

出演者の顔ぶれが例によって豪華です。

主催のエリック・クラプトン、その他半分位はもう常連のミュージシャンが顔を揃えています。ジェフ・ベック、ジョン・メイヤー、アンディー・フェアウェザー・ロウ、バディ・ガイ、ジョニー・ラング、ドイル・ブラムホールII、テデスキ・トラックス・バンド、ロバート・ランドロフ、ソニー・ランドレス、ヴィンス・ギル、アルバート・リー、ボニー・レイット、シェリル・クロウ、ジミー・ヴォーン、ゲイリー・クラークJR.、ロバート・クレイ、トム・ミッシュ、ジェリーダグラス等クラプトンが主宰だからこそ毎回こんなノンジャンルで幅広くギタリストを集める事ができるんでしょうね。クラプトンにオファーされて断るミュージシャンって存在するんでしょうか。

マーカス・キング・バンド、リアン・ラ・ハヴァス、ピーター・フランプトン等、初参加組のパフォーマンスは必見かも。

今回初参加で注目なのはピーター・フランプトンでしょうか。(過去に参加していたらごめんなさい)あとリアン・ラ・ハヴァス、マーカス・キング・バンドでしょうか。
他にも初参加のミュージシャンいるかもしれませんが・・すいません。発売前なので収録されている全てのパフォーマンスを確認できていないのですがYouTubeを確認する限りまずはこの3組はマストだと思います。

一足先にオフィシャルビデオをYouTubeでチェック

Eric Clapton – Badge [Eric Clapton’s Crossroads 2019] (Official Live Video)

安定という言葉以外何も見つかりません的な感じです。ネーザン・イーストがしっかり写っていてばっちりサポートしてまっせ感がかなり出てます。

The Marcus King Band – Goodbye Carolina [Eric Clapton’s Crossroads 2019] (Official Live Video)

マーカス・キングってまだ20代のはずだけどこの安定感というか貫禄はなんでしょう。アメリカ行くとこんな感じですごいけど無名のミュージシャンってたくさんいるんでしょうねー。

Lianne La Havas – I Say A Little Prayer [Eric Clapton’s Crossroads 2019] (Official Live Video)

この演奏、ただただ神がかってみえるのは私だけでしょうか。雰囲気的にかなりアウェーだと思うのですがその雰囲気を見事にひっくり返しているようですね。
すごい。

「クロスロードギターフェスティバル 2019 収録内容」

【CD 1枚目】

  1. NATIVE STEPSON / Sonny Landreth
  2. WONDERFUL TONIGHT / Eric Clapton & Andy Fairweather Low
  3. LAY DOWN SALLY / Eric Clapton & Andy Fairweather Low
  4. MILLION MILES / Bonnie Raitt, Keb’ Mo’ & Alan Darby
  5. SON’S GONNA RISE / Citizen Cope with Gary Clark Jr.
  6. LAIT / DE USHUAIA A LA QUIACA / Gustavo Santaolalla
  7. I WANNA BE YOUR DOG / Doyle Bramhall II with Tedeschi Trucks Band
  8. THAT’S HOW STRONG MY LOVE IS / Doyle Bramhall II with Tedeschi Trucks Band
  9. GOING GOING GONE / Doyle Bramhall II with Tedeschi Trucks Band
  10. LIFT OFF / Tom Misch
  11. COGNAC / Buddy Guy & Jonny Lang
  12. EVERYTHING IS BROKEN / Sheryl Crow & Bonnie Raitt
  13. EVERY DAY IS A WINDING ROAD / Sheryl Crow with James Bay
  14. RETRATO / Daniel Santiago & Pedro Martins
  15. B SIDE / Kurt Rosenwinkel with Pedro Martins
  16. BABY, PLEASE COME HOME / Jimmie Vaughan with Bonnie Raitt

【CD 2枚目】

  1. I SHIVER / Robert Cray
  2. HOW LONG / The Marcus King Band
  3. GOODBYE CAROLINA / The Marcus King Band
  4. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS / Peter Frampton with Eric Clapton
  5. SPACE FOR THE PAPA / Jeff Beck
  6. BIG BLOCK / Jeff Beck
  7. CAROLINE, NO / Jeff Beck
  8. CUT EM LOOSE / Robert Randolph
  9. HOLD BACK THE RIVER / James Bay
  10. WHEN WE WERE ON FIRE / James Bay
  11. MAS Y MAS / Los Lobos
  12. AM I WRONG? / Keb’ Mo’
  13. SLOW DANCING IN A BURNING ROOM / John Mayer
  14. HOW BLUE CAN YOU GET? / Tedeschi Trucks Band
  15. SHAME / Tedeschi Trucks Band

【CD 3枚目】

  1. IS YOUR LOVE BIG ENOUGH / Lianne La Havas
  2. I SAY A LITTLE PRAYER / Lianne La Havas
  3. FEED THE BABIES / Gary Clark Jr.
  4. I GOT MY EYES ON YOU (LOCKED & LOADED) / Gary Clark Jr.
  5. PEARL CADILLAC / Gary Clark Jr.
  6. TONIGHT THE BOTTLE LET ME DOWN / Vince Gill with Albert Lee, Bradley Walker & Jerry Douglas
  7. TULSA TIME / Vince Gill with Albert Lee, Bradley Walker & Jerry Douglas
  8. DRIFTING TOO FAR FROM THE SHORE / Vince Gill with Albert Lee, Bradley Walker & Jerry Douglas
  9. BADGE / Eric Clapton
  10. LAYLA / Eric Clapton with John Mayer & Doyle Bramhall II
    <Encore Finale>
  11. PURPLE RAIN / Eric Clapton & Ensemble
  12. HIGH TIME WE WENT / Eric Clapton & Ensemble
PAGE TOP