ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

ジェフベック「Brisbane 1977」

「ワイアード」発売後のヤン・ハマーグループとの共演。オフィシャルなliveでは聴けなかった曲が収録されています。

1.Oh Yeah?
2.Darkness/Earth In Search Of A Sun
3.You Know What I Mean
4.Goodbye Pork Pie Hat.
5.Bass Solo/Come Dancing
6.She’s A Woman
7.Sophie
8.Diamond Dust
9.Freeway Jam

正直、音は良くないですが尖りまくった70年代後半のジェフ・ベックの演奏が堪能できます。

あのシンセ怪獣ヤン・ハマーとの共演はオフィシャルでライブ盤「ライブワイヤー」がリリースされています。(他には80年のARMSコンサートと2016年のハリウッド・ボウルのライブ等その他あります)77年のツアーという事で同時期に録音されているものかと思いますが収録されている曲が結構違っています。

初めてライブ演奏を聴く曲が結構貴重かも。

「ワイヤード」に収録されている曲でライブで演奏される曲って「レッドブーツ」「蒼き風」とたまに「Goodbye Pork Pie Hat」位ですが、今回「Come Dancing」、「Sophie」が収録されています。バンドの演奏はちょと噛み合っていないような気もするのですが個人的には「Sophie」がライブで聴けたのが最大の収穫でした。なぜこの曲ライブで演奏しないのかなと思っていたのですが念願かなって聴く事ができました。バンドの演奏正直今ひとつなのですがベック師匠のギターは尖ってます。ファンは聴く価値ありかも。あと「Come Dancing」も収録されているものかなりのポイントです。良い意味で70年代っぽいですね。レアグルーブというかジャズ・ファンクというかSouliveみたいなジャム・バンドで演奏したらかなり良い感じになりそうです。

YouTubeでチェックしてみました。(ジェフ・ベックとヤン・ハマーの共演)

76年のヤン・ハマーグループとの共演ライブです。年はまたいでいますが同じツアーの流れだと思います。曲目もかなりかぶってます。(音源のみ)

2016年のハリウッド・ボウルでのライブです。ヤン・ハマーのくたびれ具合がちょっと残念です。

ARMSコンサートの模様です。シーケンサーバリバリの「Star Cycle」です。

発売されているヤン・ハマーとの競演(Live版)

ライブワイヤー

最近はライブ音源がオフィシャルなもの、そうではないものを含め多数聴くことができますが発売当時非常に貴重でした。シンセ怪獣とギター侍の一騎討ちに胸躍らされたものです。小学生の頃の話ですが。

The A.R.M.S. Concert 1983

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ最大ギタリストが同じステージに立った貴重な音源です。30年以上前に映像で発表されたのですが、今回オーディオマスターが奇跡的な発見により発売に至ったみたいです。

PAGE TOP