ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

Char「TRADROCK “Acoustic” by Char」

全曲アコースティックのライブです。BAHOではアコースティック・ギターを演奏していましたが、Char自身のライブでも最近はアコースティック・ギターを演奏する比重がかなり多くなっているようです。さすがに歳なんでしょうか(笑)

TRADROCK “Acoustic” by Char 収録曲

1.All Around Me
2.Wasted
3.Pipeline
4.Sunshine of Your Love
5.Communication Breakdown
6.Here, There and Everywhere
7.かくれんぼ feat. 佐藤タイジ
8.籠の鳥 feat. 佐藤タイジ
9.Sittin’ on the Dock of the Bay feat. 佐藤タイジ
10.Get High 11.Nameless Land feat. 佐藤タイジ

一番の聴きどころは「かくれんぼ」

選曲の妙でしょうか。「All Around Me」からクリームやツェッペリンのナンバーも絶妙なアレンジで料理しています。お約束的なビートルズのナンバーを挟みつつ忌野清志郎との共作「かくれんぼ」JLC時代の名曲「籠の鳥」、オーティス・レディングの「ドック・オブ・ザ・ベイ」、JLC時代の「Get High」、サイケデリックス時代の曲「NamelessLand」で締められています。
ゲストの佐藤タイジも良い感じです。BAHOの時は石田長生との掛け合いの妙が持ち味ですが最近はアコースティック・ギター、ベース、ドラム(パーカッション)の編成でテンポとアレンジを変えてうまくやってくれてます。JLC、ピンククラウドでは考えられなかったなーと思います。デビュー当時からスタイルが完成されていて、ずっと変わらないスタイルできているように思われがちですが、キャリアの節目毎に新しい事にチャレンジしています。ここ数年はアコースティックの展開だと思います。

一番のレコメンドは「かくれんぼ」でしょうか。これも現在のCharだから自然体で演る事ができたような気がします。忌野清志郎と比較しては気の毒ですが佐藤タイジとCharのデュエットもかなり良い感じです。

「TRADROCK」の他のアルバム・レビューも確認する。

TRADROCK “Jeff” by Char

TRADROCK”Eric”by Char

TRADROCK”Jimi”by Char

414 -Live at Hibiya Open Air Concert Hall 2013

PAGE TOP