ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

ジョン クリアリー「GoGo Juice」

非常に今更感満載ですが・・・・。

グラミー賞受賞した非常にクォリティ高いアルバムです。活動を共にしていた仲間とがっつりスタジオで作りこんだという感じではないと思います。(違ったていたらすいません)

ちょっと地味ですが捨て曲なしの名盤です

「Brother I’m Hungry」という曲、かなり泣かせます。と書くいてしまうと次の曲、そしてその次の曲もかなりやばいです。まさに捨て曲なしというのはこの事を言うのでしょうね。ニューオリンズ発の極めて泥臭いフィーリングに不思議とスティーリーダン風のAOR的なテイストが絶妙な感じでマッチして、ジョンクリアリー独自のテイストが出来上がっています。よく考えるとこれって凄い事なと思ったります。ちょっと「?」と思った人はぜひ聴いて欲しいアーティストです。当然ピーターバラカン師匠大絶賛、livemagicにも参加しています。(観に行きたかった・・・・・・)

相変わらずライブは積極的にやっているみたいです。

比較的新しいライブ(客席から撮影したものではなくプロが撮影したもの)拾ってみました。
ライブだとかなりアーシーなニューオリンズ感全面に出した感ありますね。あと編成が微妙に変わっていてパーカッションがいたり、キーボード(オルガン?)がいたり、シンプルにトリオだったり何気にギターが入っていないのが個人的には若干不満ではあるのですが・・・

もうそろそろ発売されるニューアルバムが非常に楽しみです。おそらく期待通りの出来なんだろうなと勝手に想像しています。

試聴できます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »