テデスキ・トラックス・バンド「Made Up Mind」

完成度が高い現在進行形のアメリカン・ミュージック(いろんなジャンルの音を包括しているという意味で)です。でもちょと不満です。

テデスキ・トラックス・バンド待望のセカンド・アルバムです。多くの人が発売を待ち望んでいたと思います。私も当然その中の一人です。予想通り非常に練られた完成度が高いアルバムでした。しかーし!敢えて言わせてもらいます。

スーザン・テデスキ・バンドフューチャーリング ”デレク・トラックス”みたいに聴こえるのは私だけ?

前作も非常に練られた完成度の高いアルバムでした。そこから更に先に進むとしたら当然こんな感じになるんだろうなという感じです。楽曲重視、歌重視の姿勢がかなり感じられ、ボーカルがかなり前にロ・アルバムのように聴こえます。デレクのギターも存分に聴く事はできますが、当然楽曲重視、歌重視で非常に練られたフレーズを弾いています。
アレンジもかなり考えら出てきているように聴こえます。バンドのアルバムというよりもスーザン・テデスキのソれているというか練られおり、歌を聴かせる為、余計な演奏はしないという約束事があるように感じます。前作はバンドのアルバムという感じがしたのですが今回はスーザン・テデスキのアルバムみたいに聴こえます。曲調も彼女が歌いやすいように作られていると思います。

大所帯のバンドなんだからもうちょっとメンバーの顔が見える音作りをして欲しかった・・・・

10人編成のバンドなんだからもうちょっとバンドメンバーの顔が見える音作りをして欲しかったですねー。スーザンを含めてボーカルをとれるメンバーが3名もいるんだからもうちょっとメリハリをつけた展開ができたような気がします。

そろそろ「名曲」と言われる曲が出てきて欲しいですね。

ここまで楽曲重視、歌重視でくるのであれば、もうちょっと楽曲に力が欲しいですね。さんざんカバー曲はステージで演奏しているみたいですが、他のアーティストにカバーされるような曲を作って欲しいですね。(これが一番難しいでしょうが)

曲目紹介

1. Made Up Mind

2. Do I Look Worried


4. Misunderstood
5. Part of Me

6. Whiskey Legs
7. It’s So Heavy

8. All That I Need
9. Sweet And Low
10. The Storm
11. Calling Out To You

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena