ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

Personallife「モーニング・ライト」

久々に聴く本格ソウルバンドです。リヴァーブがっつりかかった音が懐かしくもあり、新しくもあり・・みたいな感じです。

UK発?(リーダーはカナダ出身みたいですが・・)の久々の本格ソウル系のバンドです。90年代以降、バンド編成でソウル系の音を出すバンドって結構出てきているんですが、あんまり長続きしてないんですよね。

ヴォーカルのおっさんに大物感が漂っていて素敵です。

最初に聴いて70~80年代に主流だったブラック・コンテンポラリー、ソウル、R&B系の音を再構築して展開していった90年代のバンドっぽいなーと感じました。演奏は言うまでもなく、曲作りにもかなり周到な計算というか戦略を感じます。あとステージのセンターに陣取るヴォーカルのおっさん(STUART LISBIE,すいません、何て読むかわかりません(汗))が歌がめちゃくちゃ上手いのは言うまでもないのですが、佇まいもかなり大物っぽいです。服装も何かお洒落感漂っていてUKソウルっぽいなーと感じます。

YouTubeでライブが数曲アップされていますが、超カッコいいっすねー。メンバーが多いのでステージがめちゃくちゃ狭い感じですが、臨場感3倍増しでより盛り上がってる感じですね。生で観たいというかライブをじっくり観たいバンドですね。

曲目紹介

1. Classic Lady

2. Distance Can Be Sweet

3. Give Into The Night
4. Bring It Back
5. Morning Light

6. One Step Closer

このバンドのPVっぽいです。

7. I Remember
8. It Is What It Is
9. Rainy Day In London
10. There’s A Time For Everything

Translate »