ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

ザ・ドゥービー・ブラザーズ「Rockin Down the Highway」

96年のドゥービーのライブです。DVDも出ています。再結成後一番油がのっている時期のライブではないかと思います。選曲も新旧漏れなくおなじみのナンバーがセレクトされています。1曲目の「Dangerous」からもうやられましたって感じです。

イントロのアコギのやりとりから怒涛のイントロにくるあたりはかなりの鳥肌もの。パット・シモンズのソロ弾きまくりもギタリストだったら当然チェックしたいところです。
しかもセミアコではなくストラトを弾いているんですよね。最初に観た時は超びっくりしました。

超おなじみのナンバーです。トム・ジョンストンの弾くポール・リード・スミスもいい音してますねー。大学生の時よくこの曲をバンドで演奏していました。うーん懐かしい。

http://youtu.be/G54lfxiid_w

この曲ではマイケル・マクドナルドが登場します。(ナッシュビルのライブです)
トム・ジョンストンがとてもやりずらそうです。

ディスク:1
1. Dangerous
2. Jesus Is Just Alright
3. Take Me In Your Arms (Rock Me A Little While)
4. Slow Burn
5. Dependin’ On You
6. Another Park, Another Sunday
7. The Doctor
8. Slack Key Soquel Rag
9. South City Midnight Lady
10. Eyes Of Silver
11. Black Water
12. Takin’ It To The Streets

ディスク:2

1. Rockin’ Down The Highway
2. Minute By Minute
3. Wild Ride
4. China Grove
5. Dark Eyed Cajun Woman
6. Neal’s Fandango
7. Without You
8. Clear As The Driven Snow
9. Excited
10. What A Fool Believes
11. Long Train Runnin’
12. Listen To The Music

DVDも超おすすめです!


Translate »