ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

Gov’t Mule「Mulennium」

ミレミアム年越しライブ、名盤です。必聴です。

1999年~2000年、丁度ミレミアムの間のライブです。(場所はアトランタ)
ディスク1はトリオ演奏のみ、ディスク2はリトル・ミルトンを迎えた大ブルース大会、ディスク3はオードリー・フリードをゲストにして70年代なつメロRock大会です。

とにかくこのバンド、とにかくライブではオリジナル以外をよく演奏しているみたいです。オリジナル演奏するより盛り上がるからでしょうか。YouTubeで探してみると、正式な音源以外のカバー曲を演奏している動画がまあたくさん出てきます。とにかくライブの数をこなしているバンドなので「どさ廻り」「叩き上げ」の匂いもかなりする感じです。
ライブで会場で客のリクエストにどんどん応えていくにはカバー曲のレパートリーがたくさんなければいけないでしょうかね。・・・と勝手に解釈しています。あとライブにゲストが出ている事がやたら多いのですが、それも原因であるのかなと思います。
何となくですが飛び入りしやすい良い意味で「ゆるい」雰囲気があるのかなと思います。ばっちり段取り決めてライブやってるって感じではなさそう。「Deepest End」も大ゲスト大会、カバーソング大会ですからねー。

ゲストが入っているライブ映像(音源)を探してみました。

Gov’t Mule with John Paul Jones「Since I’ve Been Loving You」

なんとLED ZEPPELINのジョン・ポール・ジョーンズをゲストに「Since I’ve Been Loving You」をやってます。

Gov’t Mule「Presence of the Lord」

エリック・クラプトンのライブの定番曲ですよね。

Gov”t Mule「Superstition」

スティービー・ワンダーの名曲です。セッションの定番曲ですね。
デレク・トラックスがゲストでギター弾いてます。

Gov’t Mule and Grace Potter 「Ohio」

グレイス・ポッターがヴォーカルで参加してます。ニール・ヤングの名曲ですね。
グレイス・ポッターって結構競演しているみたいですね。

Gov’t Mule「Take Me To The River」

グレイス・ポッターが参加しています。

ディスク1

1. Bad Little Doggie

ウォーレンが今より痩せてます。1999年のライブ

2. Lay Your Burden Down

3. Blind Man In The Dark

4. Life Before Insanity

5. Larger Than Life

6. Towering Fool

7. Countdown Jam

8.21st Century Schizoid Man

9. We’re Not Gonna Take It

10. Dazed And Confused

ディスク2

1. When The Blues Comes Knockin’
2. My Dog And Me
3. Lump On Your Stump
4.I Can’t Quit You Baby
5.It Hurts Me Too
6. Blues Is Alright
7.Is It My Body?
8. Power Of Soul

ディスク3

1. Helter Skelter

2.Sometimes Salvation

3.30 Days In The Hole

4. End Of The Line
5. Out Of The Rain

6. I Shall Be Released

7. Simple Man

8. Crowd

Gov’t Mule「Mulennium」とあわせて聴きたいアルバム

Gov’t Mule「THE DEEPEST END」

Gov’t Mule「Life Before Insanity」

Translate »