ラーセン=フェイトン・バンド「フル・ムーン」

バジー・フェイトンニール・ラーセンの双頭バンドのセカンドアルバムです。このアルバムが発表された82年当時はこのアルバムのリリースが雑誌等で結構大きく取り上げられていて当時高校生だった私も速攻でレコード屋に走ってLPを買いました。

恐ろしい事に30年経過した現在でも色褪せて聴こえません。全然おしゃれ。お洒落すぎで今風じゃないかもしれませんが・・・。この当時発表されていたAOR関係の作品って「あーー80年代だねー」って感じるんですが不思議と感じませんね。何故でしょう。バジー・フェイトンとニール・ラーセンってこのアルバム発表後もくっついたり離れたりでまあ同じような感じでアルバム出しているみたいです。(名義はころころ変わっていますが)
バックのメンバーの好演も聞き逃せません。ウィリー・ウィークス(B)アート・ロドリゲス(Dr)のコンビネーションも素晴らしいです。

1. ファントム・オブ・ザ・フットライツ
2. 訪問者
3. トワイライト・ムーン
4. シエラ
5. ブラウン・アイズ
6. ヒーローズ・ウェルカム
7. スタンディング・イン・ライン
8. リトル・カウ・ボーイ

音だけ聴けます。

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena