ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク等、ジャンル関係なく好きなアーティスト、アルバムについて語りまくります。

ウォーレン・ヘインズ「Live at the Moody Theater」


オールマンでもない、Gov’tMuleでもない、ウォーレン・ヘインズが堪能できます。それも映像付きで

結局、この人何が演りたいのか、音楽的なベースになるものが何なのか、正直よく判らない感じがします。「雑食なんだよ」と言われたらそれまでなんですが・・・

確かに、こんな展開は今まで聴いた事はなかったですねー

自分のソロアルバムから半分、カバー曲半分(ちゃんと数えてないのでちょっと違うかもしれませんが・・)で構成されています。アメリカ南部のソウルっぽい感じ(ニューオリンズ系のようないかにもという感じではなく)を若干今風なアレンジでやってます的な感じです。ギターもセミアコをメインで弾いています。それがまたそこそこ抑制が効いている感じがして良いですね。バンド編成もかなり絞り込んだ感じです。各自の技量とバンドの纏まりで勝負みたいな気概を感じます。ジャム・バンド的なアドリブの応酬で盛り上げる的な感じはありません。リハーサルはしっかりやったんだろうなーって感じです。
この「纏まり感」は心地良い感じがします。(ホーン・セクションは出たり引っ込んだりしていますが)

構成に若干難あり

Gov’tMuleのライブにも言えますがやっぱり長いです。2時間はしんどいです。曲順と選曲に難があるような気がします。もしくはゲストをもっと呼んで全体的にもっとメリハリをつけて欲しかったですね。グレイス・ポッターでも良いし、デレク・トラックスでも良いし、まだまだ呼べるミュージシャンいっぱいいるような気がします。

「Live at the Moody Theater」アルバム解説

Disc.1
Man in Motion

River’s Gonna Rise

Sick of My Shadow

A Friend to You

On a Real Lonely Night

Invisible

Take a Bullet

スティービー・ワンダーの「I Wish」から続いてきます。
(「I Wish」このアルバムには収録されてません・・・)
Hattiesburg Hustle

Everyday Will Be Like a Holiday

Disc.2

Frozen Fear

Dreaming the Same Dream

Pretzel Logic

何といってもこのアルバムで最大の衝撃はこの曲です。スティーリー・ダンの曲を演奏しているのは初めて観ました。

Fire in the Kitchen

A Change Is Gonna Come

この曲も聴いてびっくり。ダメじゃないけどもうちょっと違う曲選んだほうがよかったような気がします。

Spanish Castle Magic

この曲はアレンジにびっくり。

WHB Intro

Tear Me Down

Your Wildest Dreams

Soulshine

DVD
Intro
Man in Motion
River’s Gonna Rise
Sick of My Shadow
A Friend to You
On a Real Lonely Night
Power & the Glory
Invisible
Take a Bullett
Hattiesburg Hustle
Everyday Will Be Like a Holiday
Frozen Fear
Dreaming the Same Dream
Pretzel Logic
Fire in the Kitchen
A Change Is Gonna Come
Spanish Castle Magic
WHB Intro
Tear Me Down
Your Wildest Dreams
Soulshine
Patchwork Quilt [Soundtrack]
Hattiesburg Hustle [Rehearsal]

Translate »