Larry Carlton & Tak Matsumoto「take Your Pick」

結論から言うとグラミー賞受賞は納得できる内容だと思います。最近のラリー・カールトンの作品の中ではダントツに良い出来です。

面白いのはリトナーやロベン・フォードではなくBzの松本さんをパートナーにしたのは正直驚きました。(ギブソンの紹介だったらしいですが)競演ものでは私が聴いた中ではダントツの完成度です。良い意味で「売れるアルバム作ってやったぜ」みたいな空気も感じられます。二人のライブでの競演もDVDで発売されています。YouTubeで数曲見る事ができます。なんというか隙がない完璧な演奏すぎてちょっとつまんないです。カールトンも80年代からずっとソロアルバム出し続けているみたいですがここ最近?のアルバムを聴く限りなんかもう朽ち枯れてしまったような感じを思っていました。この勢いにのってがんばって欲しいものです。というかSteelyDanのツアーメンバーとしてやってくれると面白かったりするんですけどねー。

1. JAZZY BULLETS
2. Nite Crawler 2010
3. THE WAY WE WERE
4. Islands of Japan
5. Neon Blue
6. Tokyo Night
7. hotalu
8. East West Stroll
9. Easy Mystery
10. ao
11. Take Your Pick
12. A girl from China

あの名曲「Room335」のライブです。ちょっと大きめの会場でやっているみたいですね。ライブっぽいギミックもあってそれなりに楽しめます。

Larry Carlton / Tak Matsumoto/Take Your Pick

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena