富田ラボ「Shipahead」

Shipシリーズ最終作、問題作である事は間違えないです。

私は敢えて「日本のスティーリー・ダン」と呼びたい富田ラボの3作目です。賛否両論あり問題作である事は間違えなさそうです。

一作目の「シップビルディング」があまりにも良くできた作品だった為、2作目と今回の「Shipahead」を辛く採点するリスナーが多いようです。他の邦楽のアルバムと比べてあまりにクォリティが高い為、期待度も毎回相当高いんですよね。それ考えるとちょっと気の毒のような気がします。日本の音楽シーンの中で、作る楽曲(アレンジ、音作り)があまりにレベルが高く、特徴的、個性的な為、「富田ラボ」ブランドが確立されていますよね。「あんな感じの曲で歌いたい」と思っている日本のアーティストは結構いるんでしょう。元々キリンジのプロデュース・アレンジで知名度を上げた人みたいですがそれから中島美嘉や平井堅、RIPSLYME等、人気・実力備わったアーティストから常にお呼びがかかっているみたいです。
今回もヴォーカリストに佐野元春、一十三十一、秦基博、安藤裕子、CHEMISTRY、キリンジ、吉田美奈子と超大御所から期待の若手までバライティに富んだゲストが参加しています。大御所系のゲストは今回は佐野元春と吉田美奈子の両名ですがなんて豪華なんでしょうか。そしてなんて接点がないんだろうと思っちゃいます。これがしっかりアルバムの最初と最後でしっかり繋がっているあたりがすごいです。さすがです。あと一十三十一をもってきているあたりもさすがです。実は個人的にはとても好きなアーティストなのですが最近音沙汰がなくてちょっと心配していました。秦基博が歌う「パラレル」も今回のアルバムの一つの山場でしょう。聴き手をとことん絞ってそこに向かって「絶対に売ってやる」みたいなやる気がみなぎっています。作詞があの松本隆大先生なのもそのやる気の表れだと思います。世の男性の誰もが持っている情けない心情を松本隆先生が歌詞を書きあの秦基博が歌うと世の女子がメロメロになるラブソングになるんですね。この曲に関しては冨田恵一が作りたい音というより、目的があって徹底的にあるリスナー層に向けて作ったという感じがします。
次はどんな音を聴かせてくれるんでしょう。というよりあと何年待てばよいのでしょう。そんな感じがします。

1. Holy Taint
2. ペドロ~消防士と潜水夫 feat. 佐野元春
3. Shipahead
4. 夜奏曲 feat. 一十三十一
5. 横顔 試聴する
6. パラレル feat. 秦 基博
7. あの木の下で会いましょう feat. 安藤裕子
8. D.G
9. 残像 feat. CHEMISTRY
10. エトワール feat. キリンジ
11. 千年紀の朝 feat. 吉田美奈子

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena