ケレ・ブキャナン「スターティング・オーバー」

超極上AORです。お洒落な音が好きな人は絶対に聴くべき

NZ出身現在オーストラリア在住のドラマー・アレンジャー・コンポーザーのケレ・ブキャナンの作品です。何が驚きかというとアメリカ西海岸系ではないミュージシャンが思いっきり西海岸系の極上のAOR系のアルバムを作っているという事です。

スティーリー・ダンフォロワーで片付かない作品

ここ数年、このケレ・ブキャナン以外にも、TALC、StateCows、SamuelPurdey等・・「スティーリー・ダンのフォロワー」というくくりで紹介されてきているみたいです。(ドナルド・フェイゲンのアルバムも久しぶりに発売された事もあったからだと思うのですが)この作品自体はそんなに「スティーリー・ダン臭」はあまり感じません。演奏を良く聴くと多少それっぽい感じはしますが・・・。ヴォーカルが曲事にしっかりしていて、メロディーを聴かせる事にポイントを絞ったアレンジをしているからでしょう。自分のキャラや持ち味を全面に出そうという意図は感じられません。色んな意味で「個性的」ではありません。そのあたりが正直微妙なところではあります。
あとバックの楽器の音(殆ど生音だと思うのですが)が良いです。聴いていて心地が良いです。特にドラムとギターの音が良いような気がします。聴けば聴く程80年代の西海岸系の音なのですが、音処理が今風になっていて古さを感じません。そのあたりが良く考えるとすごい事のような気がします。

曲目紹介

1. Never Be Another Next Time ネヴァー・ミー・アナザー・ネクスト・タイム

2. More Than You Know モア・ザン・ユー・ノウ

3. Waiting For Love ウエイティング・フォー・ラヴ
4. Heartbreaker ハートブレイカー

5. Love’s Stronger ラヴズ・ストロンガー

6. Starting Over スターティング・オーヴァー

7. Trust トラスト
8. Easy Does It イージー・ダズ・イット

9. Through The Tears (Truth in Her Eyes) スルー・ザ・ティアーズ

10. Prelude プレリュード

11. Hymn For Anders ヒム・フォー・アンダース

究極のスティーリー・ダンフォロワーはこちら

変にオリジナリティを出していないところが潔く感じます。

ケレ・ブキャナン「スターティング・オーヴァー」をアマゾンで購入する。

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena