AORの傑作の中で一枚選べと言われたらやはりこのアルバムでしょうか・・